函館と青森、函館と大間、本州と北海道を最短ルートで結ぶフェリー

  • HOME
  • お知らせ
  • カジュアルクルーズの先駆者「ブルードルフィン2」5月22日ラストラン!

お知らせ

カジュアルクルーズの先駆者「ブルードルフィン2」5月22日ラストラン!

現在就航中の船舶ブルードルフィン2は、新造船「ブルールミナス」の6月就航にともない、5月22日(金) 17:05青森発17便を最後に当航路から“引退”します。
2本のファンネル(煙突)がブルードルフィン2の目印!!

ブルードルフィン2は1994年、当時の東日本フェリー株式会社において建造され、「ほるす」という名前で室蘭~青森航路に就航しました。そこから時代の流れと共に運航会社や航路を変え、2010年、津軽海峡フェリーの函館~青森航路に「ブルードルフィン」として就航、2017年にブルードルフィン2へと改名し、誕生から26年、走り続けてきました。
室蘭~青森航路に就航していた「ほるす」

カジュアルクルーズフェリーの最初の船舶として津軽海峡ロードに就航したブルードルフィン2は、現在就航している他3隻の船舶(ブルーハピネス・ブルードルフィン・ブルーマーメイド)とは異なる多彩な客室が特徴です。また日本初「ドッグルーム」「ドッグバルコニー」を備えており、就航当時はわんこと一緒に船旅を楽しめることもブルードルフィン2の大きな魅力でした。(現在は全船舶にわんこ対応設備があります。)


ここで特別に、普段はご乗船されたお客様しか見ることができない「プレミア」の客室内をちょっとだけお見せします♪
ベッド、TV、洗面所はもちろんのこと、リビングスペースやジャグジーを完備!たった1部屋だけの特別な空間で、ご夫婦でゆったり、家族でワイワイ、仲間と楽しく...いろいろな楽しみ方ができます。

当社を支え続けてきてくれたフェリーですが、老朽化に伴い、「ブルールミナス」に道を譲ります。
それでもブルードルフィン2は最後の一日まで、安全かつ快適なカジュアルクルーズで両岸の“元気”をつないでいきます!
皆様におかれましては、長年ブルードルフィン2をご愛顧頂き、誠にありがとうございました。
ラストランまであと少し、がんばります!

ブルードルフィン2の昔から今までを紹介!「ブルードルフィン2ラストラン特集ページ」(Tug春号掲載)はこちら