函館と青森、函館と大間、本州と北海道を最短ルートで結ぶフェリー

  • HOME
  • お知らせ
  • 当社「船陸間統合訓練(テロ対応訓練)」の実施について

お知らせ

当社「船陸間統合訓練(テロ対応訓練)」の実施について

平素は、格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。

津軽海峡フェリーでは、航海中の万一の事故に備えた安全対策並びに船舶火災対応訓練として、各関係機関の連携強化と現場対応能力の向上を目的に、自主的に関係機関と連携を取り、実践に近い内容の訓練を行い、各機関の役割を確認することで非常時においても迅速な対応が可能になるよう、日々取り組んでおります。

< 2019年11月26日(火) 船陸間統合訓練(テロ対応訓練)の実施 >
2019年11月26日、「ブルードルフィン2」と会社において、テロを想定した船陸間統合訓練を函館海上保安部の協力のもと、実施しました。

【想 定】
「ブルードルフィン2」航行中における爆発事案(テロ想定)

【実施訓練項目】

参加人数:本船側19名、会社側16名(合計35名)

【訓練の様子】
訓練では、船内で爆発物が爆発し、旅客に負傷者が発生したという想定で行われ、社内に設置された非常対策本部内での対応や記者会見訓練等、船陸ともに実践に近い緊迫感を持った訓練となり、緊急事態への対応手順を再確認しました。


来年開催されるオリンピック・パラリンピック東京大会が控える中、津軽海峡フェリーでは引続きテロ等への対策を強化し、輸送の安全確保と安全への取組を継続していきます。

今後もお客様の安心・安全を第一に社員一同全力で取り組んでまいります。