函館と青森、函館と大間、本州と北海道を最短ルートで結ぶフェリー

運賃・料金

ノスタルジック航路

本州と北海道を最短で結ぶ、魅力的な「海の国道」。

ノスタルジック航路

本州と北海道を最短で結ぶ、魅力的な「海の国道」。

ご乗船日(A期間、B期間、C期間)により運賃が異なります。
下記カレンダーをご参照のうえ、運賃表の該当する期間に対応する運賃・料金をご参照ください。

A期間
2019年11月1日~12月26日、2020年1月5日~4月28日、5月7日~5月31日、10月1日~12月25日
B期間
2019年12月27日~2020年1月4日、6月1日~7月10日、8月17日~9月30日、12月26日~12月31日
C期間
2020年4月29日~5月6日、7月11日~8月16日
カレンダーで期間を確認する
運賃表を見る

※旅客運賃並びに6m未満車輌運賃に関しては、2020年1月31日ご乗船分までと2020年2月1日~6月30日ご乗船分までとで運賃が異なります。
詳しくは下記運賃表をご確認ください。

【2020年1月31日ご乗船分まで】

旅客運賃単位:円(消費税率・10%内税)

区分 等級 A期間 B期間 C期間
大人
(12歳以上)
ファーストシート 2,510 3,140 3,610
カジュアルシート 2,260 2,820 3,250
スタンダード 1,840 2,300 2,650
小児 大人運賃の半額 ※10円未満の端数は四捨五入
ドライバー
差額
ファーストシート 670 840 960
カジュアルシート 420 520 600
学生割引 スタンダード 1,660 2,070 2,390

※自動車の運転者1名は車輌運賃でスタンダードにご乗船いただけます。
「ドライバー差額」とはスタンダード以外でのお申し込みの場合にかかる追加代金です。

車輌運賃(小型車)単位:円(消費税率・10%内税)

区分 A期間 B期間 C期間
軽自動車 10,050 12,570 14,450
6m未満 13,400 16,750 19,270

※車輌運賃には運転手1名分のスタンダード運賃が含まれております。同乗者様に関しましては、別途旅客運賃が人数分必要となります。
※軽自動車とは、排気量660cc以下で車長4m未満の車輌(自動車検査証の自動車種別に「軽自動車」と記載された車輌)を指します。ただし、けん引や積荷のはみ出し等により規格を超える車長等になった場合には、車長に応じた運賃を適用いたします。
※6m以上の車輌(中型車以上)は 「燃料油価格変動調整金適用運賃一覧(6m以上の車輌)」をご覧ください。

【2020年2月1日~2020年6月30日ご乗船分】
※旅客運賃・車輌運賃は燃料油価格変動調整金が含まれます。

旅客運賃単位:円(消費税率・10%内税)

区分 等級 A期間 B期間 C期間
大人
(12歳以上)
ファーストシート 2,670 3,300 3,770
カジュアルシート 2,420 2,980 3,410
スタンダード 2,000 2,460 2,810
小児 大人運賃の半額 ※10円未満の端数は四捨五入
ドライバー
差額
ファーストシート 670 840 960
カジュアルシート 420 520 600
学生割引 スタンダード 1,810 2,220 2,540

※自動車の運転者1名は車輌運賃でスタンダードにご乗船いただけます。
「ドライバー差額」とはスタンダード以外でのお申し込みの場合にかかる追加代金です。
※旅客運賃については、燃料調整金が含まれております。本調整金は6ヶ月毎に見直されます。2020年2月1日~6月30日ご乗船分までは適合燃料価格57,780円/KLが適用された運賃となります。

車輌運賃(小型車)単位:円(消費税率・10%内税)

区分 A期間 B期間 C期間
軽自動車 10,850 13,370 15,250
6m未満 14,200 17,550 20,070

※車輌運賃には運転手1名分のスタンダード運賃が含まれております。同乗者様に関しましては、別途旅客運賃が人数分必要となります
※6m未満及び軽自動車の車輌運賃については、燃料調整金が含まれております。本調整金は6ヶ月毎に見直されます。2020年2月1日~6月30日ご乗船分までは適合燃料価格57,780円/KLが適用された運賃となります。
※軽自動車とは、排気量660cc以下で車長4m未満の車輌(自動車検査証の自動車種別に「軽自動車」と記載された車輌)を指します。ただし、けん引や積荷のはみ出し等により規格を超える車長等になった場合には、車長に応じた運賃を適用いたします。
※6m以上の車輌(中型車以上)は 「燃料油価格変動調整金適用運賃一覧(6m以上の車輌)」をご覧ください。

特殊手荷物運賃単位:円(消費税率・10%内税)

区分 A期間 B期間 C期間
自転車 840 1,040 1,190
原動機付自転車(125cc以下) 1,250 1,570 1,800
バイク(750cc未満) 1,670 2,090 2,400
バイク(750cc以上) 2,100 2,620 3,010
サイドカー・トライク 4,190 5,240 6,020

※ご乗船には別途旅客運賃が必要となります。

その他運賃・料金単位:円(消費税率・10%内税)

受託手荷物(30kg以下) 520
小荷物(10kg以下) 420
小荷物(10kgを超え20kg以下) 520
小荷物(20kgを超え30kg以下) 620

※「受託手荷物」の大きさは3辺の長さの和が2メートル以下かつ30kg以下のものとなります。
※「小荷物」は3辺の長さの和が2メートル以下かつ30kg以下の物品のみであり、1回につき5個までとなります。

ドッグルーム利用料 840

※ドッグルームは、部屋使用料のほか、車輌・旅客運賃が別途必要です。

各種割引のご案内
燃料油価格変動調整金適用運賃一覧(旅客運賃及び6m未満車輌)

燃料調整金とは、燃料油価格の変動に合わせ、燃料油価格が基準燃料油価格より一定以上高騰した場合に、基本的な運賃とは別建ての調整金を設定し加算するものです。弊社におきましては、国際基準に適合した「LS舶用燃料油」(以下適合燃料油)の切り替え準備を進めており、2020年2月1日ご乗船分より、旅客運賃及び6m未満の車輌運賃において、下記のとおり、燃料油価格変動調整金制度を導入することになりました。

燃料油価格変動調整金制度

実施日  :
2020年2月1日ご乗船分より
対象航路 :
函館⇔青森、函館⇔大間
適用対象 :
旅客、6m未満車輌(軽自動車含む)※特殊手荷物、小荷物は除く
調整金額 :
燃料油価格が基準価格としている26,500円/KL以上高騰した場合に以下調整金を適用する
対象期間 :
6ヶ月毎見直し
・1~6月の調整金・・・前年1~6月期の適合燃料油平均価格を適用
・7~12月の調整金・・・前年7~12月期の適合燃料油平均価格を適用
※適合燃料油価格は、大手石油メーカーが4半期毎に発行する決定価格を適用する

【旅客運賃及び6m未満車輌】燃料油価格変動調整金一覧
(函館~大間航路)

※燃料油価格変動調整金は各種運賃割引の計算対象(小人運賃、往復割引、インターネット割引など)。
割引計算後の端数処理については旅客運賃・車輌運賃の計算方法に準じる。

燃料油価格
(kl当たり)
26,500円〜51,499円 51,500円〜76,499円 76,500円〜101,499円 以後25,000円毎増額に対し下記一定額を加算
旅客
(大人)
¥0 ¥160 ¥320 +¥160
車輌運賃
(6m未満・軽自動車)
¥0 ¥800 ¥1,600 +¥800
燃料油価格変動調整金適用運賃一覧
(6m以上の車輌)

燃料調整金とは、燃料油価格の変動に合わせ、燃料油価格が基準燃料油価格より一定以上高騰した場合に、基本的な運賃とは別建ての調整金を設定し加算します。燃料油価格1キロリットルあたり26,500円以上高騰した場合、以下の内容で調整金を適用対象の運賃に加算致します。

2019年12月31日ご乗船分まで…燃料油(紙・パルプ)価格が決定する3ヶ月毎に見直し、その価格に応じて調整金を適用対象の運賃に加算致します。
2020年1月1日ご乗船分以降…適合燃料油価格(適合燃料油価格は、大手石油メーカーが4半期毎に発行する決定価格)が決定する3ヶ月毎に見直し、その価格に応じて調整金を適用対象の運賃に加算致します。
燃料油価格1キロリットルあたり26,500円以上高騰した場合、適合燃料油価格(適合燃料油価格は、大手石油メーカーが4半期毎に発行する決定価格)が決定する3ヶ月毎に見直し、その価格に応じて調整金を適用対象の運賃に加算致します。

単位:円

期間 2019年10月1日〜12月31日[確定]
燃料油価格/調整金率 46,500円~51,499円/+10%
車長他 運賃 調整金 収受運賃
6m以上 7m未満 25,940 2,590 28,530
7m以上 8m未満 29,680 2,970 32,650
8m以上 9m未満 33,430 3,340 36,770
9m以上 10m未満 38,240 3,820 42,060
10m以上 11m未満 42,080 4,210 46,290
11m以上 12m未満 45,910 4,590 50,500
12m以上 13m未満 49,420 4,940 54,360
13m以上 14m未満 52,930 5,290 58,220
14m以上 15m未満 56,440 5,640 62,080
15m以上 16m未満 59,950 6,000 65,950

※16m以上の車長別運賃は津軽海峡フェリー各支店までお問い合わせください。 ※予想加算率と確定加算率が異なる場合には、確定加算率を適用と致します。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。※燃料油価格変動調整金については下記の「注意事項」をご覧ください。

各運賃・燃料油価格変動調整制度に
関する注意事項

旅客運賃について

  • 大人1名に同伴される6歳未満の幼児は1名のみ無料です。ただし、指定席をご利用になるときは小児運賃を適用いたします。
  • 小児運賃は小学校に就学している小児、及び大人1名に同伴される1名を超える幼児に適用いたします。
  • 1歳未満の乳児は無料です。
  • 旅客運賃割引・割増後の端数処理については、10円未満の端数切り上げとなります。
  • 上記以外の事項につきましては当社運送約款及び運賃・料金適用条項によります。

車輌運賃・特殊手荷物運賃について

  • 自動車の運転者1名は車輌運賃でスタンダードにご乗船いただけます。
  • 車輌の長さは、積荷を含む全長とします。
  • 軽自動車とは、排気量660cc以下で車長4m未満の車輌(自動車検査証の自動車種別に「軽自動車」と記載された車輌)を指します。ただし、けん引や積荷のはみ出し等により規格を超える車長等になった場合には、車長に応じた運賃を適用いたします。
  • 屋根付及び側車付きの自動二輪、トライクは特殊手荷物 サイドカー・トライク運賃を適用いたします。
  • 車輌の幅が積荷を含んで2.5mを超える場合は、その超える幅25cmごとに1割運賃が加算されます。
  • けん引自動車は連結した状態における全長の運賃を適用いたします。
  • キャタピラ、ロードローラー、危険物(火薬類を除く)を積載した車輌は運賃が2倍となります。また、危険物(火薬類に限る)を積載した車輌は、運賃が4倍となります。ただし、積載できない場合もありますので事前にお問い合わせください。
  • 車輌運賃割引・割増後の端数処理については、100円未満の端数は50円以上切り上げ、50円未満切り捨てとなります。

燃料油価格変動調整制度について

【旅客運賃・6m未満車輌(軽自動車含む)】

燃料油価格変動調整金が含まれております。本調整金は6ヶ月毎に見直されます。

【6m以上の車輌】

燃料油価格1キロリットルあたり26,500円以上高騰した場合、燃料油(紙・パルプ)価格が決定する3ヶ月毎に見直し、その価格に応じて調整金を適用対象の運賃に加算致します。