函館と青森、函館と大間、本州と北海道を最短ルートで結ぶフェリー

  • HOME
  • お知らせ
  • 縄文×津軽海峡フェリー×音のアトラクション「カックーと津軽海峡フェリーで巡る北海道・北東北の縄文遺跡群」

お知らせ

縄文×津軽海峡フェリー×音のアトラクション「カックーと津軽海峡フェリーで巡る北海道・北東北の縄文遺跡群」

こんにちは、津軽海峡フェリーです!
今回は「北海道・北東北の縄文遺跡群」を楽しく巡る体験ができる音声ARコンテンツのご紹介です。


津軽海峡フェリーでは、縄文土偶をモチーフにしたキャラクターたちの掛け合いを通して、楽しく学びながら巡る音声ARコンテンツ「カックーと津軽海峡フェリーで巡る北海道・北東北の縄文遺跡群」の提供を開始しました!
2021年7月に「北海道・北東北の縄文遺跡群」が世界文化遺産に登録され、縄文遺跡群にもその痕跡がみられるように、古来から海をはさんで交流のあった津軽海峡エリア。
かわいいキャラクターたちと一緒に「北海道・北東北の縄文遺跡群」を津軽海峡フェリーで巡ってみませんか?

登場人物は縄文DOHNANプロジェクトのオリジナルキャラクター「カックー/カメちゃん/トーヤくん」です。
キャラクターの声は大人気アニメで活躍中の3名の声優さんに担当いただきました。
津軽海峡フェリー×縄文ツアーでしか聴くことができないコンテンツをどうぞお楽しみください!



ソニーの音声ARアプリ「Locatone(ロケトーン)」をダウンロードしたスマートフォンで特定のスポットに近づくと、キャラクターたちの楽しい掛け合いが自動的に始まります。
縄文のストーリーを楽しみながら、まるで一緒に旅をしているような感覚に!
津軽海峡上にある春夏秋冬スポット(季節限定スポット)は、フェリー船内設置のQRコードを読み込むことで聞くことができます。
さらに3人と一緒に記念撮影ができる「ARカメラ」も楽しめます!ARカメラには津軽海峡フェリーのイルカキャラクターも登場しますよ♪


【参加方法】
ステップ1:Locatoneアプリをダウンロード。使用するスマートフォンに「App Store」または「Google Play」からアプリをダウンロード。
ステップ2:チャンネル 『津軽海峡フェリー ~船でつながる縄文遺跡群~』を選択
ステップ3:ツアー 『カックーと津軽海峡フェリーで巡る北海道・北東北の縄文遺跡群』を選択
ステップ4:ツアーデータをダウンロード
ステップ5:準備ができたら、『ツアーを開始』ボタンを押して、スポットへ向かおう!地図に表示されたスポットを訪れると自動的に音声が聞こえてきます。
      ※津軽海峡フェリー 青函航路・大函航路 船内スポットのみ、QRコードを読み込むことで音声が開始されます。


【Locatoneについて】
Locatoneは、ソニーが開発したSound AR™(現実世界に仮想世界の音が混ざり合う新感覚の音響体験)を楽しむためのアプリです。ツアーを開始し、マップ上にある特定のスポットを訪れると、位置情報に連動して自動的に音声や音楽が聞こえてきます。音を聴きながら街をめぐることで、街の新しい魅力や楽しみ方を発見することができます。
※公式ウェブサイトはこちら
※「Sound AR」および「Locatone」はソニーグループ株式会社またはその関連会社の商標です。

Locatoneアプリのダウンロードはこちらから