函館と青森、函館と大間、本州と北海道を最短ルートで結ぶフェリー

重要なお知らせ

【対象:旅客・6m未満車輌】 燃料油変動調整金の導入について【NEW】

謹啓 時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
 平素は、弊社運営航路に格別のご高配を賜り衷心より厚く御礼申し上げます。

 さて、船舶からの排気ガス中の硫黄酸化物(SOx)や粒子状物質(PM)による人の健康や環境への悪影響を低減するため、海洋汚染防止条約(MARPOL条約)により、燃料油中の硫黄分濃度は3.50%以下に規制(SOx規制)されていますが、さらに2020年1月以降、0.50%以下に規制強化されることが決まり、全世界的に実施されます。

 弊社におきましては、国際基準に適合した「LS舶用燃料油」(以下適合燃料油)への切り替えの準備を進めておりますが、経営基盤の大部分を占める燃料油の価格上昇は避けられず、今後の安定した航路運営の維持に悪影響を及ぼす極めて深刻な事態となっております。
 2014年より最新鋭船舶への代替計画を推進しており燃費効率等の改善でコスト削減に鋭意努力を継続しておりますが、SOx規制強化に伴う更なるコスト上昇は、自助努力の限界を超えるものであり、ご利用皆様への一部負担をお願いせざるを得ない状況であります。

 つきましては、誠に不本意ながら旅客運賃及び6m未満の車両運賃において、別紙の通り燃料油価格変動調整金制度を導入したく、何卒事情ご賢察のうえ特段のご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 弊社は、今後もより一層の安全運航と環境に優しい会社を目指し、全社一丸となり邁進する決意でございます。ご利用皆様の変わらぬご支援、ご理解ご協力を引き続きお願い申し上げます。

謹白




■燃料油価格変動調整金制度
実施日  : 2020年2月1日ご乗船分より
対象航路 : 函館⇔青森、函館⇔大間
適用対象 : 旅客、6m未満車両(軽自動車含む)※特殊手荷物、小荷物は除く
調整金額 : 燃料油価格が基準価格としている26,500円/KL以上高騰した場合に以下調整金を適用する
対象期間 : 6ヶ月毎見直し
      ・1~6月の調整金・・・前年1~6月期の適合燃料油平均価格を適用
      ・7~12月の調整金・・・前年7~12月期の適合燃料油平均価格を適用
      ※適合燃料油価格は、大手石油メーカーが4半期毎に発行する決定価格を適用する


【旅客運賃及び6m未満車両 燃料油価格変動調整金一覧】

 ※燃料油価格変動調整金は各種運賃割引の計算対象(小人運賃、往復割引、インターネット割引など)。
  割引計算後の端数処理については旅客運賃・車両運賃の計算方法に準じる。

■2020年2月~6月の燃料油価格変動調整金
<適合燃料油価格> 57,780円/KL
※2020年2月~6月については、適合油の販売が2019年10~12月となるため、「2019年10月~12月の適合燃料油仕切価格」を適用とさせて頂きます。

<燃料油価格変動調整金> 
【函館~青森航路】 旅客 200円、6m未満・軽自動車 1,000円
【函館~大間航路】 旅客 160円、6m未満・軽自動車  800円

以上