函館と青森、函館と大間、本州と北海道を最短ルートで結ぶフェリー

【2019】あきたタウン情報 読者モニター乗船レポート編

秋田県在住のお客様

旅行先:北海道函館市
乗船便:ブルーハピネス、ブルードルフィン2
期 間:2019年5月25日~2019年5月27日

幸せは忘れた頃にやって来る。
応募した事が頭から消えかけた頃、見知らぬ番号から着信あり。ハッとして電話を折り返すと「あきたタウン情報です」。当選しましたー! 船旅モニターはペア旅行でしたが、無理を言って、娘2人を連れた4人旅に変更してもらいました。 「カニ食べたい! ラッキーピエロ行く! ハセガワストアの焼き鳥弁当! 朝市! あーっ、あとは函館山の夜景ね!』。食メインの家族、ワクワクの始まりです。

2019年5月25日 ~1日目~

朝6時に、自宅を出発。(2人とも寝ていたので起こすところから旅が始まる!)大館にいる長女を拾っていざ青森へ。

8時過ぎ、フェリーターミナルに到着!
お腹が空いたと妻・次女が駄々をこね、 早速フェリーターミナルでラーメンと蕎麦を食す。(喜びすぎて、次女の顔が崩壊! 大丈夫か!?) 私と長女「今食べたら、お腹一杯で函館で食べれないよ」。それに対し、2人が「大丈夫!」。健康優良児ですね。

画像

青森リンゴジュースで乾杯の「出発式」。
10時発のブルーハピネス。お部屋もコンフォートを用意して頂き、4人でゆっくり船内を散策していると、いつのまにか出発していました。 天気も最高で、甲板で風が気持ち良いー! イルカいないか、 いないかイルカ。 いましたー!左舷でイルカジャンプ「おー!イルカいたー!」。幸先良し。他のお客様にも聞こえたようで、皆、目線は窓の外へ。

画像

14時、函館到着! フェリーから函館山・五稜郭が見えました。
ホテル駐車場に車を置いて、徒歩ですぐのベイエリアへGO! まずは腹ごしらえにラッキーピエロベイエリア本店へ。 次女は前回の訪問が1歳だったため、覚えておらず店内のブランコに座って興味津々。 ボリュームがあるハンバーガー。やっぱり美味しい!でも、やばいお腹が一杯。「歩こうカロリー消費だ!」。全員一致(笑)。

画像
画像

お土産を買うために 「函館西波止場」・「金森赤レンガ倉庫」・「明治館」へ寄ってから、期待が膨らむ、本日の宿泊先「函館国際ホテル」にGO! デカイ。 ロビーも広ー! お部屋もデラックスファミリールームを用意して頂きました。 広ー! 46㎡ 最高!

画像
画像

最上階の展望露天風呂へGO!
景色は、遠くに夕日が沈みかけ 、眼下はライトが付き始め、最高の眺めに。 ゆったり湯船に浸かり、疲れをとり、アイス食べ放題で幸せに!

さあ 晩ご飯はカニ!ということで調べると、徒歩数分の所に新鮮なカニを提供している「雅家」という居酒屋発見。 店内には生け簀があり、「カニ!カニ!カニ!尽くし」。オススメに書いてあった毛蟹を注文すると、売り切れとのことで「タラバ足のメニュー」を数種類注文。他にも「トロニシン焼き」や「じゃがバター」、「カニサラダ」等を頼み「サッポロクラシック」で乾杯! 何と!お通しで1人一杯のカニが出てきました!! タラバ足のメニューはどれも、超肉厚で、超美味でした。最後に、「なまらサワー」なる物を注文。「レモン1個入ってます」と店員さん。美味い~! 幸せ~!明日の朝食のため、腹8分目、ホロ酔いで止めてホテルに戻りました

画像
画像
画像

2019年5月26日 ~2日目~

朝風呂へGO!
朝の景色も最高な露天風呂から始まり、3人を起こし、朝食会場へ。 宝石のようなイクラが食べ放題。 炭水化物を控えめに、タンパク質をメインに! 「焼き立てジンギスカン」「焼き立てステーキ 」「焼き立てオムレツ」「スープカレー」「塩ラーメン」もありました。 もう動けないくらい食べましたが、女子3人は スイーツは別腹との事。スゲ~!! 腹ごなしに朝市まで散歩。お腹は一杯でしたが、目当ての「カネニのタラバカニマン」を購入。 今日はこれから車で移動。 長女が行ってみたいという事で、トラピスチヌ修道院へGO! 空気が違いますね。 何か時間の流れも違うような 「異世界感覚」。 「Ora et labora (祈れ そして 働け)」 来て良かった! 次女は雰囲気が違うのか、何か感じたのか? おとなしくなってしまいました。

画像

続いて五稜郭へ。
2次元の幕末好きな長女は、興味津々!! 土方歳三の享年 俺より若い。「何だかなー。 俺このままでいいのかなー」 と思ってしまいました。

画像
画像

今日も天気が良いので、もしかしたら本州がみえるかも?と思い、立待岬へGO!
風が気持ち良く、海が綺麗! 遠くに湯の川温泉その奥のさっきまでいたトラピスチヌ方面までずーっと見えて景色が最高でした。(残念ながらモヤがかっていて、本州青森は見えませんでした)

画像

帰りは懐かしの八幡坂 二十間坂周辺へ。長女が今の次女位の歳 毎年冬に来てました。真っ直ぐな坂の上から見る新緑の函館も良いですね~。 夕方そろそろ疲れがみえてきたので、一度ホテルへ。

画像

休憩してると次女がもう一度赤レンガに行こうと誘ってきました。ホテルの立地も良いので、徒歩でもOK。昨日みつけたアクセサリーが欲しかったようです。

画像

そろそろお腹が減ってきたので、晩御飯。
妻が「ミョウバンの入ってないウニが食べたい!」と言うことで、ここも徒歩で行ける 「うに むらかみ」さんへGO! 店内は混んでいましたが、15分程で座れるとのことで、生け簀を見ながら待機。少しすると、「こちらへどうぞ」と広い座敷へ案内されました。 ここぞとばかり、ウニづくし!「ウニグラタン」、「ウニ天ぷら」、「ウニサラダ」等注文。 函館2日目のかんぱーい! 美味い!美味い! ウニが、ウニがっ! 味が全然違う、 酒も進む進むー! 時間を忘れてました。 明日は帰路に着く日。ヤバーい。

画像
画像
画像

「ご馳走様でしたー」。
急いでタクシーを拾い、目的地を伝え、「間に合ったー!」 メインの1つ。寒くなく、 暑くなく、空気が澄んでいて…。 「最高の100万ドル」頂きました!

画像

帰りは、夜の「二十間坂」を家族4人で歩きました。 路面電車も乗りたいと、次女。2駅でしたが、乗れて満足。喜んでいました。

2019年5月27日 ~3日目~

朝食ビュッフェへGO!
またまた美味すぎて、食べ過ぎから始まる一日。

画像

昼食は「ラッキーピエロのハンバーガー&ラキポテ」と「ハセガワストアの焼き鳥(豚)弁当」をテイクアウト。もう、悔いはありません! 帰りは函館発ブルードルフィン2のコンフォート。「広い部屋で、4人でゆったり」。疲れが取れます。 最後に、帰りのフェリーでもイルカが見られました!

画像
画像

青森到着。
「さー、能代へ帰るぞー!」 食の旅 終了ー。3日間ともに晴天! 最高の旅行でした!

TOPにもどる