函館と青森、函館と大間、本州と北海道を最短ルートで結ぶフェリー

【2019】S-style読者モニター乗船レポートpart2

仙台タウン誌「S-Style」読者モニター

旅行先:北海道函館市
乗船便:ブルーハピネス
期 間:2019年4月17日~2019年4月19日

情緒あふれる街並みや豊富なご当地グルメなど、魅力いっぱいの街・函館。
現地ではあちこち欲張りに周りたいからと、
今回は、マイカーごと乗り込める津軽海峡フェリーをチョイス!
青森~函館を結ぶ津軽海峡フェリーで、現地へと向かいました。
“旅気分”をさらに盛り上げる船旅の魅力を母娘モニターのレポートでご紹介します。

【2日目】

◎8:00 朝食とガーデン散策でリフレッシュ!
『函館大沼 鶴雅リゾート EPUY』では、湖上テラスやガーデン散策も朝の楽しみの一つ。張り切って早起きをして、のびのびお散歩を楽しみました。清々しい空気が心地よくて思わず深呼吸! 自家製パンをはじめ、その後に味わった朝食のおいしさも格別でした。

画像

◎10:00 『五稜郭タワー』から函館の街並みを一望
美しい星形城郭で知られる『五稜郭』。その全景を眺められるのが、『五稜郭タワー』です。地上90mの展望フロアは、ガラス張りで見晴らし抜群。天気が良ければ函館市街や津軽海峡まで見渡せるそう。床の下が見えるシースルーフロアも見どころの一つ。歴史が学べる展示やお土産売り場も充実しています。

画像
画像
画像

◎11:30 老舗レストラン『五島軒』で、優雅なひとときを体感
世代を越え愛され続けて140年という『五島軒』。内装や館内の美術品からも、その歴史と風格が感じられました。初の女性総料理長が就任するなど、時代の変化に寄り添いながらも、伝統の味と精神を継承してきたそうです。一番人気の「明治の洋食&カレーセット」をゆっくり堪能した後は、お土産用にレトルトカレーやスイーツを購入。クラシカルなパッケージも素敵です。

画像
画像

◎14:00 元町エリアで、歴史と文化に触れる
1934年までイギリス領事館として使用されていた『函館市旧イギリス領事館』。函館の歩みを紹介する展示、領事執務室やティータイムを演出した部屋など、国際貿易港として栄えた函館の歴史と文化を学ぶことができました。ショップとティールームも併設されています。バラが咲き誇る時季のガーデンもぜひ来てみたいな。

画像
画像
画像

◎18:00 函館山から、きらめく夜景を満喫
「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で三ツ星を獲得するなど、国内外問わず人気の函館山からの景色。ぜひとも見たいと「函館山ロープウェイ」で展望台へと向かいました。黄昏時のグラデーションから光輝く夜景まで、時間ごとに変化する光景に思わずうっとり。心に響く忘れられないシーンに出会えました。

画像
画像

◎19:30 湯の川温泉で人気の、ビュッフェ料理も楽しい温泉宿
2泊日は、函館湯の川温泉にある『ホテル万惣』へ。和と異国情緒を融合した空間に加えて、バイキング料理の充実ぶりにびっくり。鉄板料理や寿司カウンターなど、ライブ感あふれるダイニングに、母娘揃ってテンションUP!デザートまでたっぷり満喫しました。温泉リビングをコンセプトとした大浴場には、寝湯やスチームルームなど多彩なお風呂が揃い、旅の疲れも和らぎます。

画像
画像
画像
画像

【3日目】

◎8:00 朝食バイキングでパワーチャージ!
『ホテル万惣』の朝食はバイキング。新鮮魚介を自由に盛り付けられる名物「勝手丼」や、カラフル野菜、次々焼きあがるパンなど、和洋多彩なメニューにあれこれ目移り!朝からもりもり食欲も高まります。

画像

◎9:30 函館朝市で、おみやげ探し
旅の最後は、函館朝市でお買い物。活気あふれる市場には、生鮮魚、加工品、農園からの直売品など、函館ならではの商品を揃えた店が連なります。函館朝市協同組合連合会に加盟している推奨店を選ぶのがおすすめ。加盟店は「あさいっちゃん」のロゴマークが目印です。

画像

【旅の感想】
きれいな夜景やノスタルジックな街並みに、函館ならではのおいしいものも満喫できて大満足!2つのホテルもそれぞれにタイプが異なり、どちらものんびりくつろげました。初めて乗った津軽海峡フェリーは、船内広々、揺れも少なくて快適。キラキラと輝く水平線を見ながらの移動も、非日常の旅気分が味わえてとっても良かったです。

画像
画像
>【2019】S-style読者モニター乗船レポートpart1
TOPにもどる