函館と青森、函館と大間、本州と北海道を最短ルートで結ぶフェリー

【2018】あきたタウン情報 読者モニター乗船レポート編

秋田県在住のお客様

旅行先:北海道
乗船便:ブルーハピネス、ブルーマーメイド
期 間:2018年6月7日~2018年6月8日

修学旅行以来の函館へ。フェリーの快適さにビックリ! 秋田の情報誌「あきたタウン情報」の読者モニターが、「津軽海峡フェリーを使って北海道へモニター旅行に出かけました。

2018年6月7日 ~1日目~

好天に恵まれた6月上旬の早朝、一路、青森市へ。住んでいる鹿角市は、秋田県と青森県の県境で、車で1時間半ほど。津軽海峡フェリーの青森フェリーターミナルまでも、アクセスしやすいのが嬉しいです。スムーズにチェックインして、車と共に乗船!いよいよ船旅です。

画像

修学旅行以来の、北海道への船旅。甲板からも抜けるような青空が快適です。 フェリーの施設も興味津々。ひと通り、津軽海峡フェリーの館内を巡ってから、室内で一休み。

画像
画像

フェリーといっても豪華客船の様な(乗ったことないけど)快適さにビックリ。
スイートルームを用意して頂いたので、最高でした! ゆっくりお休みしながら(笑)。函館までの時間を楽しみました♪

今回は1泊2日の駆け足旅行。早速、行きたかった函館山へGo。見下ろす絶景は、絵ハガキの通りです。やっぱりハズせないスポットですね。天気が良くてうれしい!

画像
画像

宿泊は、湯川町の「湯の浜ホテル」へチェックイン!
和食会席膳を堪能しながら幸せな気分に。牛肉も厚切りで柔らかい♡

画像

一泊二日で、今日しかチャンスがない!ということで、もう一度、函館山へ来ちゃいました☆ 天気が良くて最高です。100万ドルの夜景が見られて良かった~。

画像

2018年6月8日 ~2日目~

昨晩は函館山の夜景も堪能して大満足。二日目は、ゆっくりチェックアウトして、大人の余裕を見せた(笑)函館散策を楽しみます。まずは、トラピスチヌ修道院へ厳かな雰囲気に、背筋もピンっとしちゃいます。

画像

その後は、函館市内を車で散策。路面電車が走る道路に緊張しながらもドライブを楽しみました。

画像

こののち、市場でお土産のカニを購入して、大満足(お買い物に夢中で写真を忘れちゃいました)。帰りの津軽海峡フェリーも、ゆっくり休みながら快適なひとときを過ごしました。

一泊二日での函館旅行は大変かなと思っていましたが、意外なほど、ゆっくり楽しめました。特に秋田の県北地方なら、青森のフェリーターミナルも近いし、海を渡って異国情緒あふれる街を満喫できます。普段と違う風景、リラックスできるフェリー船内、そして、名物のカニもお土産で買えて(笑)大満足の二日間でした。

TOPにもどる