函館と青森、函館と大間、本州と北海道を最短ルートで結ぶフェリー

【2018】S-style読者モニター乗船レポートpart1

仙台タウン誌「S-Style」読者モニター

旅行先:北海道函館市
乗船便:ブルーハピネス、ブルーマーメイド
期 間:2018年4月10日~2018年4月12日

おいしいものとドライブが大好きな女子2人。
今回は、マイカーで津軽海峡フェリーに乗り込み、新緑の函館へ。
定番観光スポットを押さえつつ、“グルメ旅”へ出かけます。
快適な船旅と、情緒ある町でのドライブを楽しんだ3日間を完全レポートします!

画像

【1日目】

◎9:00 夜明け前に仙台市内を出発し、車を走らせ 4 時間かけて青森フェリーターミナルに到着! 乗船までの間、ターミナルでひと息つきます。時間がきたら、マイカーとともに津軽海峡フェリー「ブルーハピネス」へ乗船です!

画像
画像

◎10:00  津軽海峡フェリー「ブルーハピネス」乗船!
まるでホテルにいるかのような2名個室の「スイート」。室内には広々としたベッドやシャワールームが完備されています。揺れも少ないので船酔いの心配もなく、のんびりと過ごすことができました。進行方向に向かって海を眺められる「ビューシート」もおすすめですよ!

画像
画像
画像

◎14:00 まずは、函館名物“あっさり塩ラーメン”を!
無事に北海道に到着! まずは北海道三大ご当地ラーメンに数えられる「函館塩ラーメン」を堪能しに、創業80年を超える老舗ラーメン店『麺厨房あじさい』へ。道内産昆布をベースに、豚骨、鶏ガラを使い仕上げたスープと細ストレート麺とは好相性!

画像
画像

◎16:00 蔵をリノベーションしたカフェでスイーツを満喫
自家焙煎コーヒーと自家製ケーキやスイーツが味わえる『Café TUTU』へ。今回はボリューミーなパフェをチョイス! コーヒーの香りが漂い、上質な音楽が流れるカフェでほっとひと息つきました。甘いものは別腹だなぁ。

画像
画像

◎19:00 函館山の夜景を満喫!
函館の代名詞ともいえる夜景を観に「函館山ロープウェイ」へ乗車。展望台からの眺めは、「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で三ツ星を獲得したのも納得の絶景です。夜景の見頃の時間はHPで確認していこう。

画像
画像

◎20:00 今回の旅の拠点はココ! 『ホテル万惣』
宿泊するのは、どこかノスタルジックさが感じられる和洋折衷の温泉宿。温泉は長い歴史を持つ名湯・湯の川温泉です。早速、多種多様な湯船を用意した大浴場を満喫しました。現在敷地内にレストランと客室を備えたレストラン棟を建設中。今年6月にグランドオープン予定なので、こちらも楽しみです。

画像
画像
画像
画像
画像
>【2018】S-style読者モニター乗船レポートpart2
TOPにもどる