函館と青森、函館と大間、本州と北海道を最短ルートで結ぶフェリー

【2018】あきたタウン情報スタッフ乗船レポート 編

秋田在住のお客様

旅行先:北海道函館市・亀田郡七飯町
乗船便:ブルーハピネス、ブルードルフィン2
期 間:2018年4月19日〜2018年4月21日

秋田県のタウン情報誌「あきたタウン情報」スタッフが、
津軽海峡フェリーに乗り、函館から大沼までのドライブ旅へ!

快適なクルージングを満喫しつつ、
大沼エリアでは贅沢なホテルステイ&オープン直後の道の駅へ。
函館エリアは話題の商業施設&スポットを巡りながら、お土産やグルメに舌鼓♡
SNS映えスポットを巡り、充実した女子旅を楽しみました♪


〜1日目(2018年4月19日)〜

初日は早朝に秋田を出発♪
晴れ女2人で天候にも恵まれ、快適なドライブがスタート。
青森フェリーターミナルに到着し、乗船したのはカジュアルクルーズフェリー「ブルーハピネス」。愛車とともに乗り込みました。

スイートルームでは、津軽海峡を眺めながらコーヒーを飲んだり、ベッドでくつろいだり。
快適な船旅を楽しんでいたら、アッという間に函館へ到着。

早速向かったのは、今春オープンしたばかりの「道の駅なないろ・ななえ」!
七飯町の魅力を再発見できる特産品などが揃っています。
一番のオススメは、パチパチ弾けるキャンディートッピングが◎の「小原のガラナソフト」。

画像
画像

道の駅でお土産をGETし、「レストラン ケルン」に。
新鮮な地場食材にこだわる人気洋食店で注文したのは、「ハンバーグとロースカットステーキ」。溢れ出す道産牛の旨みがたまらない、贅沢なセットでした♡

画像
画像

1泊目は、「ナチュラル&ラグジュアリー」がテーマのオーベルジュ「函館大沼鶴雅リゾート EPUY」へ。露天風呂付きのツインルームでゆったりと旅の疲れを癒やし、上質なエントランス奥に構えるバーラウンジで暖炉の火を眺めながら、ちょっぴり大人なひとときを過ごしました。

画像



〜2日目(2018年4月20日)〜

2日目朝からモーニングブッフェを堪能して、函館エリアへ出発!

画像
画像

まず立ち寄ったのは「函館 蔦屋書店」。
ジャンルやテーマごとにわかりやすく陳列された書籍が豊富に揃い、キッズパークやカフェ、サロンなどのテナントが入居していて、親子三世代で通いたくなる要素が盛りだくさん! 心地良い静けさに包まれて、愛読したい1冊に出会えました♪

画像
画像

続いて向かったのは、昨年オープンした注目スポット「シエスタハコダテ」。
1F〜3Fには無印良品のアイテムが所狭しと並び、4Fには市民のためのコミュニティプラザ「Gスクエア」、地元出身のGLAYの仕掛け時計などの展示が。カフェやデリ、バルなどが揃うB1Fの フードマーケット「シエスタキッチン」は要チェックです!

画像

函館エリアの観光名所「五稜郭タワー」。
高さ90mの展望台からは、見渡す限りの函館の絶景が眺められます。

画像
画像

周辺で買い物を楽しもうと向かった、「六花亭 五稜郭店」。定番菓子の「雪やこんこ」をアレンジしたミルキーなソフトが、これからのシーズンの人気メニュー♡
ショコラティエ「シュウェットカカオ」では、ショーケースを彩るチョコレートを眺め、チョイスする楽しみが味わえました。

画像
画像

金森赤レンガ倉庫を観光するため、2泊目は「ラビスタ函館ベイ」へ。
和モダンな雰囲気漂う客室で、異国情緒漂う風景を眺めながらちょっとひと休み。
最上階の開放感が心地良い天然温泉もオススメです。

画像

ディナーは、金森赤レンガ倉庫の敷地内にある「ベイサイドレストラン みなとの森」で。 特製ハンバーグや生パスタなど、フォトジェニックで絶品なメニューに舌鼓♡ 〆のワッフルまで味わい尽くしました。

画像


〜3日目(2018年4月21日)〜

最終日の3日目は早起きして、ホテルのモーニングへ。
「ラビスタ函館ベイ」は、旅の口コミサイトで北海道内の“朝食の美味しいホテルランキング”1位を獲得し続けていて、朝食会場は大人気! バイキング形式で、〈いくらの食べ比べ〉など、道産の豊かな恵みを満腹になるまで満喫しました。

画像
画像

12:00発のフェリーに乗る前に、最後の函館スイーツを…。

道産ならではのジェラートが味わえる「MILKISSIMO」では、今話題のバラ盛りワッフルコーンジェラートを注文。人気のミルキッシモミルクとハスカップノルドの絶妙なハーモニーで、一口頬張ると思わず笑顔に♡
心もお腹も大満足で、フェリーに乗り込んだのでした。

画像
画像


〜旅の感想〜

行きはフェリーで体を休めて、北海道では全力で旅を楽しめました。
マイカーだと、自分たちのペースで寄り道もできるし、何よりお土産をたくさん買い込んでも移動が楽チン♪
移動中の景色やグルメなど、SNS映えがするショットもたくさん撮れて大満足でした。
帰りはフェリーから眺める海を眺めて、旅の思い出にひたるひととき…。
秋田からの北海道旅行は、フェリーで行くのが一番です!

画像
TOPにもどる