函館と青森、函館と大間、本州と北海道を最短ルートで結ぶフェリー

【2014】あきたタウン情報スタッフ乗船レポート 編

秋田タウン誌「あきたタウン情報」スタッフ

旅行先:北海道函館市
乗船便:ブルーマーメイド、ブルードルフィン2(旧ブルードルフィン)
期 間:2014年4月22日~2014年4月23日

秋田県のタウン情報誌「あきたタウン情報」スタッフが、
さすらいの呑兵衛・マコチュウとタッグを組み、津軽海峡フェリーで行く
津軽海峡の旅に出かけてきました。
しかも乗船したのは、4月16日に就航したばかりのカジュアルクルーズフェリー「ブルーマーメイド」♡
函館はもちろん、本マグロの聖地・大間まで足を伸ばしてみた今回の旅。
フェリーと愛車で、津軽海峡を制覇しちゃいます!

画像


2013年4月22日(火)〜1日目〜

青森フェリーターミナルに到着し、愛車と一緒に「ブルーマーメイド」に乗船。
愛車で行く船旅は、荷物を車に積んでおけるから、とっても楽ちん♪

画像

そして「ブルーマーメイド」の最大の魅力がコチラ!
46席すべてが進行方向に向いたオーシャンビューのリクライニングシート「ビューシート」。

画像

座り心地抜群のシートは、足を伸ばした状態でフラットに倒せるので、
快適にくつろげました♡
初夏にかけては、窓越しにイルカの群れに出逢えるかもしれないので、ぜひ船旅を楽しんでみてね。
ちなみに…
船旅慣れしているマコチュウは、売店で津軽海峡フェリーオリジナルグッズを買い物したり、マッサージチェアで癒されたり、船上ポストで絵ハガキを出したりと、思うがままに満喫♪

画像
画像
画像


船を降りてからは、充実の函館巡り→→→

〈しげちゃん寿し〉

画像


新鮮なネタを1貫・80円〜とリーズナブルに“立ち食い”で味わえちゃうお店。
ランチはボリューム満点の4種類・600円〜。
取材時も店内は常連客から観光客まで大混雑!
でも、とっても美味しいお鮨を堪能できました♡

〈レイモンハウス 元町店〉

画像
画像


ドイツ生まれの食肉食品マイスター・カール・レイモンの技術と函館の風土が作り上げた
本格派ソーセージやハムを製造・販売する「函館カール・レイモン」直営店。
1Fは豊富な商品アイテムが並び、ここでしか食べられないファーストフードも提供♡
2Fにある、「胃袋の宣教師」と呼ばれたカール・レイモンの波瀾万丈な生涯を紹介した、
レイモン歴史展示館は見応え十分です!

〈根ぼっけ〉

画像


潮の速い函館市・恵山沖と、松前小島附近の水深150〜200mで穫れる、体長50cm・重さ2kg前後の脂がのった「根ぼっけ」。

画像
画像

その魅力に惹かれた店主が、さまざまな手法の一品料理を提供しています。
ホッケ好きにはたまらない逸品の数々で、お酒が進む〜♪

〈居酒屋 山吹〉
祇園通りにひっそりと佇む「山吹」は、昭和の香り漂うレトロな居酒屋!
マコチュウ好みで、誘われるに店内に入ると、ディープな世界にうっとり…♡
黒板に書かれた旬の食材を使ったメニューを味わって。

〈ウイニングホテル〉

画像
画像


宿泊は、客室やレストラン&バーから函館港の夜景が楽しめるホテル。
金森赤レンガ倉庫まで徒歩5分ほどの好立地がうれしいですね。
併設する「北島三郎記念館」は、ロボットサブちゃんなど、見逃せないですよ〜!!

2013年4月23日(水)〜2日目〜

2日目は函館の撮影名所や観光スポット、そして「大函丸」で行く大間の旅を満喫!

画像


〈金森赤レンガ倉庫〉

画像


言わずと知れた、函館港のショッピングモール!
お土産屋や雑貨店、レストランなど約50店舗を満喫できます。

「はこだてミルク工房」は、これからの季節に立ち寄りたいスポット。
一番人気の「赤レンガ×トウモロコシ」は、
北海道産小豆とトウモロコシの甘みがミックスで味わえて、とっても美味しい♡

〈函館山〉

画像
画像


函館山も、外せない観光名所。
日没後の最も美しい時間とされる“マジックアワー”の景色はまさに絶景!
青から漆黒に変わるグラデーションが堪能できるのは、函館山ならではですね。

〈バル・レストラン ラ・コンチャ〉

画像


本場スペインの味が気軽に楽しめるレストラン「ラ・コンチャ」でディナー♪
ワインに合うピンチョス(おつまみ)など、北スペイン・バスク地方の多彩な料理を提供。

画像

バルカウンターでは、地元の人とも会話が弾みます。

〈本州最北端の地〉

画像
画像


大間崎には、「ここは本州最北端の地」と刻まれた碑やマグロのモニュメントがあり、
絶好の撮影スポット。
天気が良い日には弁天島の灯台や北海道の山並みを見ることができて、サイコーです!

〈大間 浜寿司〉

画像


大間のマグロの中でも、最高級とされる100kg級のマグロを厳選して使用する寿司屋。

画像

大間まで足を運んだなら、ぜひとも味わいたいマグロ尽くしの「鮪盛合わせ握り」。

画像

大トロ・中トロ・赤身の握りに巻物まで味わえ、シャリと絡むとろけ具合のトリコに♡

画像


~旅の感想~
就航したばかりの「ブルーマーメイド」にドキドキしながら乗船すると、
ビューシートの快適さに驚き!
船上とは思えないくらい揺れも少なく安定していて、
函館までの景色を満喫できました。
函館では、観光名所ならではの撮影スポットで思い出づくり♡
また、大函丸に乗って行く大間は、
秋田からよりも近くに感じられてオススメです!

TOPにもどる