函館と青森、函館と大間、本州と北海道を最短ルートで結ぶフェリー

【2015】mamaid編集スタッフ乗船レポート 編

山形タウン誌「mamaid」編集スタッフ

旅行先:北海道旭川市・函館市
乗船便:ブルーマーメイド
期 間:2015年5月25日~2015年5月28日

山形の子育て情報誌「mamaid」スタッフが、
今年もまた津軽海峡フェリーで青森~函館・旭川へ女子ドライブへ出かけてきましたよ(*^^)v
見て、食べて、遊んで、 楽しいスポット盛りだくさんの北海道を満喫❤
楽しい女子ふたり旅へLet’s Go!!~

青森フェリーターミナルに到着!
さて、旅のはじまり、はじまり~♪

画像

今回も乗船するフェリーは「ブルーマーメイド」
この名前、やっぱり運命感じちゃうよね☆
2回目だけど、ワクワクする~!

【10:00】ブルーマーメイド号 函館に向けて出港★
3時間40分の船旅体験を堪能しちゃうぞ!
超BIGなフェリー「ブルーマーメイド」に乗船!
ナント、昨年4月に新しく就航したばかりなんだって!
新しくて、とてもきれいでピカピカ☆
ジャンボジェットの約2倍という大きさというだけあって、揺れが少なく寛げますよー。
ホテルの中にいるような快適さ!

画像

今回は、家族みんなでのんびり寛げる、コンフォート。
個室なので、子どもがゴロゴロしたり
お父さんが運転の疲れを取ったりするのにもいいね。

子育て家族に優しいフェリー内設備。
キッズスペース&授乳室完備なのはもちろん、バリアフリー仕様だから
ベビーカーもOK!これは赤ちゃん連れには嬉しい~~~(*^。^*)
絵本&おもちゃがたーくさん。お絵描きスペースもあるよ。
長旅も飽きずに楽しく過ごせそうだね!

画像

その他にもオススメなのは海を眺めながらのゆったりできるビューシート。
くつろいで過ごせるよ。
風が気持ちいいバルコニーはイルカウオッチングにも◎。
天気がいいと函館半島まで見えることもあるんだって。
あ、北海道が見えてきた~~~~!

…あっというまの3時間40分が過ぎて…

函館に到着~!

画像
画像
画像

さっそく、函館グルメを(*^。^*)
北海道の海の幸は最高~!!!
し・あ・わ・せ❤
隣接の市場で、お土産の手配も先にね。
発送してくれるから、旅の荷物にもならず快適♪

画像

函館のご当地グルメ、シスコライスもね。
店主さんから、このグルメの出来た由来を教えてもらいましたよ。
ぜひ、食べながらお店で聞いてみて下さいね。

今日は函館で一泊。
ゆっくり過ごして、明日に向けて早めに就寝…ZZZ

さあて、旭川に出発~(*^。^*)
車中では楽しい女子トークが繰り広げられ…
移動距離も忘れて旭川に到着☆

画像

着いたら、まずは腹ごしらえ。
やっぱり、旭川ラーメンは外せないでしょ!!(笑)。
行ってみたのは、旭川ラーメン村。
旭川の人気店が集合しているなんて、ラーメン好きにはたまらないw

画像
画像

お腹を満たした後には、アートにもふれてきました(^^)
「雪の美術館」は年間通じて雪にまつわる展示が行われているんだって。
雰囲気はまるで、あの大ヒット映画みたい!
すごく暑~い日だったけど、
「少しも寒くないわ~♪」と言えないぐらいの涼しさ。

画像
画像
画像

今日の宿はこちら。
お風呂も快適で、宿の食事がこれまた贅沢(^^)
お蕎麦が美味しくて人気なんだって。
全部美味しくて、ついついお酒もすすんじゃいました。

さて、今日はいよいよ旅の最大目的地「旭山動物園」へGO~~~!!!

画像

取材開始~!撮影ポイント盛りだくさん(^^)
旭山動物園の特行はなんといっても動展示!!
動物の野生の能力を最大限に引き出す、旭山動物園独自の展示方法で動物それぞれの習性や特徴が研究され、工夫を凝らした環境が作られているんだって(^^)

中でも必見だったのは…

画像
画像
画像

① この夏注目の赤ちゃん動物
 旭山動物園で生まれた、チンパンジー、オオカミ。赤ちゃんならではのかわいらしさにくぎ付けになっちゃった。
② もぐもぐタイム
 動物たちの能力が一番発揮されるのが餌を食べる時。飼育スタッフが餌を与えながら行動や習性について説明してくれました。動物の生き生きとした姿を感じられる貴重な機会。
③ なるほどガイド
 飼育スタッフが毎日見ている動物のことを詳しくお話ししてくれるよ。担当するスタッフだからこそわかる、生の声を聞けるチャンス。ふむふむ~、初めて聞く話に興味津々!

画像

④ 手書き看板
 園内のあちこちにある動物の説明看板は、飼育スタッフが手書きで作製しているんだって。スタッフの「伝えたいこと」がぎっしり詰まっていて、動物のことをより深く理解できるかも。

画像

⑤ 共生展示
クモザルとカピバラなど、自然界では同じ生息地にいる動物を一緒に、または隣接させて生活。自然に近い暮らしが観察でき、野生下に似た緊張感が生まれ動物本来の力が引き出されるとか。

画像

子育て情報誌の取材らしく、こんなところもチェックしてきましたよ♪

子連れに嬉しいスポット&サービス
授乳室…園内には4ヵ所の授乳室があります。入園するときに忘れずに場所をチェックしておこう。
ベビーカー…正門・東門・西門・で夏期のみ無料貸し出しをしています。約100台で先着順。
シャトルバス…園内は坂道が多いので、無料のシャトルバスを利用すると移動が楽に。

取材のお仕事であることを忘れて、この後もまだまだ動物園を楽しんできました~!
来年もまた津軽海峡フェリーで北海道に来なくちゃ☆
今年も北海道をしっかり満喫できました♪

TOPにもどる