函館と青森、函館と大間、本州と北海道を最短ルートで結ぶフェリー

【2017】あきたタウン情報読者モニター乗船レポート 編

秋田県在住のお客様

旅行先:北海道函館市
乗船便:ブルーハピネス、ブルードルフィン
期 間:2017年7月29日~2017年7月31日

9年連続で訪れていた函館に、昨年は行けず今年は…と思っていたところ、あきたタウン情報さんからの「2泊3日の北海道ペア旅行モニターに選ばれました」との電話!
ちょいとばかし忙しい日が続いていたけど、日程をやりくりしながらフェリーと宿を予約して、後は7月29日を待つばかり(喜)。

■7/29(土)
そして当日。青森港10時発のフェリーに乗るため高速道路を北上し8時半着。
早く着きすぎました(小学生か!)

画像
画像

受付を済ませて、いざ乗船。
3月に就航したばかりで新船のかまりがするブルーハピネスです。よろしく。
「スイートはこちらでございます」
『ワオ!!!』スイーツなら知ってるが、人生初の最上級ルーム「スイート」!このままここに居たいよぉ。

画像

夜勤明けの疲れがあったので、湯船に浸かり広めのベッドでしばしの休息。

目覚めるとお腹が減るのは人の習性。お昼は大館が日本に誇る、ご存じ「大館花善の鶏めし弁当」しっかり買ってきました。車なのでノンアルとともにいっただきま~す。うまうま!作りたてを買ってきたのでまだ温かく激うまです。やるなぁ花善。

画像

そうこうしてると、「ぴんぽーんぱんぽーん♪まもなく函館港に到着致します」
急いで準備をして2年ぶりの北の大地へ降り立ちました。

今回はノープランだったので、「どこ行く?」『せば最初の信号ひだりで』
看板には「新函館北斗駅」の案内表示がありました。新しい駅舎をちょっぴり見学!

画像

そしてその先には大沼公園があります。『行く?』「行ぐ」
1時間かけて「島巡りの路」を散策してきました。
梅雨のない北海道、カラッとしていて気持ちいい~。

画像
画像

駒ヶ岳の頂にもさわれました(笑)。

じゃあそろそろホテルに行きますか!
途中、量販店で、お中元用も含めて「サッポロクラシックビール」大人買いしてしまったょ。

画像

宿泊はホテル函館ロイヤルさん。

画像

愛車アウトランダーPHEVに充電してもらい、私たちは広くてゆったりと落ち着いた部屋に案内していただきました! プラグインハイブリットEV車でも快適に旅ができます。

夕食は函館駅前の「雅家」。
美味しい料理に舌鼓をうちながらクラシックビールで乾杯です。。。

画像
画像

あ~めぇ~。腹つぇ~。お腹も心も満タンになったし帰ろうか。
明日どこに行こうかなぁ? しかしなにも何も決まらないままベッドでZZZ。。。

■7/30(日)
おはよー!
朝食は食べきれないほどのビュッフェなのに昨日食べ過ぎたので野菜中心の軽めにしました。

画像

ホテルから函館山が見えたので行ってみよう!
あれ?着く頃にまさかのガスが・・・待っても晴れないし降りることに…。

画像
画像

その後、今日は元町周辺をゆっくり散策してーの、外人墓地・五稜郭・赤レンガ倉庫見てーのの函館観光ゴールデンコースにすることにしました。
ハリストス正教会、八幡坂、旧函館区公会堂、元町公園、ペリー提督etcこんなにじっくり見たことがなかったよ。

画像
画像
画像

外人墓地では手を合わせてご冥福をお祈りしました。

画像

お次は五稜郭。さすがに混雑しています。ここは何度も昇っているので、イケメン土方歳三さんとの記念写真だけで赤レンガ倉庫に向かうことに。
BAYエリアに来たらなんか賑やかだぞ♪ 「ALOHAはこだて」なるイベントが行われていました。これは寄っていくでしょ! HAWAIIのコナビールとガーリックシュリンプで宴会開始してしまいました。

画像
画像

南国気分を味わいながらのビール美味しすぎてほろ酔いに。このままだとガラス工房の商品を割ってしまうかもってことで、赤レンガはやめてホテルに戻って早々におやすみです。。。

■7/31(月)
最終日のお目覚め。
今日はなにげにメインを残していたのでそちらを巡ります。
まずは、函館市民の台所「はこだて自由市場」に。ここは安くて新鮮な海の幸が盛りだくさんで、私的にはいちばんおすすめの市場です。

画像

さぁここも外せません!「ラッキーピエロ」。

画像
画像

今回は五稜郭店へ鉄板チャイニーズチキンスパゲッティを食べに来ました(店舗によってメニューが違います)。大盛りを頼んで二人でシェアしながらいただきました。
時間が進むのは早い、もうフェリー埠頭に向かわないと。
あれれ?なぜか福岡の「もち吉」があるじゃないですか。最後におせんべいゲットです。

画像


帰りも新造船ブルードルフィンの「スイート」でゆったりと過ごし帰路につきました。

画像
画像

毎年行っていた一泊二日と違って、二泊三日だと日程的にかなり余裕があるのでもっと足を伸ばせたかなと思いますが、今回はゆっくり観光しようと決めていたので函館周辺だけになってしまいました。
それでもいろいろと新たな発見があって記憶に残る旅行になりました。

TOPにもどる