フェリー運航状況

函館-青森平常運航
函館-大間平常運航

詳細は各ターミナルへお問い合わせ下さい。

ターミナル案内
ノスタルジック航路

ノスタルジック航路とは?

本州最北端に位置する青森県大間町。
晴れた日の海越しには、すぐそこに函館山や函館の街並みがくっきりと見える。所要時間わずか90分。大間~函館航路は、今も昔も本州と北海道を最短で結ぶ。
1964年(昭和39年)、日本初の外洋フェリー「大函丸」が就航。以来、大間町民や下北住民にとっては生活航路として定着。また一方で、北海道~本州間の身近な「観光航路」としても利用され続け、1970年(昭和45年)には国道279号線の海上道路にも指定された。
大間のマグロ、函館のイカをはじめ、豊穣な漁場として知られる津軽海峡。自然豊かな下北半島の風景、歴史的建造物や夜景など見所いっぱいの函館・・・。 グルメと観光スポット満載の津軽海峡エリアを堪能し、歴史の息吹と郷愁を感じる航路。
ここは、まさにノスタルジックで魅力的な海の道です。
大間航路
大間港と第二大函丸

昭和40年頃の大間港

このページの先頭へ